美容に関する悩み!シミやくすみなどの肌トラブル

シミやくすみが気になる女性

美容に関する悩みとして、特に多いのがシミやくすみとった肌トラブルです。シミは1つでも出来てしまうと、実際の年齢より老けた印象を与えてしまい、くすんだ肌も透明感が無く老けた印象や、疲れた印象を与えてしまう為に気にする方が多い肌トラブルです。
このようなシミやくすみが出来てしまう原因は様々ですが、自分のシミやくすみが何故出来てしまったのか原因を知る事で、その原因に沿った対策も行いやすくなるでしょう。
シミ・くすみが出来てしまう、最大の原因とされているのは「紫外線」です。紫外線を浴びると肌細胞を守ろうとして、メラニン色素という色素が作られますが、このメラニン色素は肌のターンオーバーという機能によって、垢として剥がれ落ちるものなのです。しかし加齢などでターンオーバーの機能が衰えたり、紫外線を浴び続けメラニン色素の排出が間に合わなくなると、そのまま残ってしまいシミ・くすみを引き起こしてしまいます。
紫外線が原因のシミ・くすみの場合、予防するには日焼け止めなどでの紫外線対策を行うと良いでしょう。
また紫外線の他には肌への刺激も、シミ・くすみを引き起こす原因になると言われています。例えば、洗顔する際にゴシゴシと肌を擦ってしまったり、メイク時にスポンジを強く肌に押し付けてしまうと、刺激によってメラニン色素が過剰に作られ、シミやくすみを引き起こすケースがあります。自分では痛みなどを感じていなくても、肌にとっては大きなダメージとなってしまうこともい多々あるため、洗顔時には特に気を付けておかなければいけません。
このように、シミやくすみといった肌トラブルは、毎日浴びる紫外線、洗顔やメイクといった生活習慣で引き起こされるケースもあります。
出来るだけ肌へ刺激を与えないようにしつつ、自分に合った化粧品を使用していき、シミやくすみを消すことでキレイな美肌を目指していきましょう。

肌トラブルを防ぐための生活の仕方

ビタミンCと食物繊維が含まれる野菜

顔の肌は季節の変わり目や日々の生活の中などで特に変化を感じやすい部位となりますが、ちゃんとしたケアをしておけば肌トラブルは事前に防ぐことは可能なんです。日々のスキンケアや食生活、睡眠を見直すだけでもかなり異なってきますので、まずは自分がどういう生活をしているか客観的に見ていくことも必要となります。
肌だけではなく目元のケアもしてあげることで、顔回りが若々しくなるので日頃のお手入れの1つとして行うとよいでしょう。目元が乾燥してしまうとシワの原因にもなるので、乾燥時期には必ず多めのクリームを目元周りに塗られ保湿をしっかりしましょう。また最近では、ルミガンという点眼を使うことでまつ毛が伸びるという医薬品が人気のようです。いつまでも若くいるためにもルミガンで目元美人になりましょう。
スキンケアは自分の肌質を考えたうえで自分に合うものを選ぶようにしましょう。また、メイクは必ず落とすということがスキンケアの基本となりますが、落とす際も力を入れすぎると摩擦により肌に悪影響を及ぼす場合もあるので優しくケアしていきましょう。そして、肌の油分と水分はバランスは美容の面でとても重要になってくるので常に考えれるように意識しておくといいでしょう。
話題のヒトプラセンタを使うのもおすすめです。 また食生活も大切です。お弁当やお菓子をよく食べたり、偏食ばかりしていると血液の循環が悪くなり、健康だけではなく肌への影響も大きくなってしまうので日々バランスの良い食事を意識することも基本となります。特にビタミンCと食物繊維はなるべく摂取するようにし、脂肪分の多いものは避けるようにしましょう。
肌はホルモンバランスに影響されることもあるために良質な睡眠をとり、ホルモンバランスを整えるということも大事になってきます。睡眠時間に毎日差があったり、就寝時間が異なるという状況はできるだけ避けるようにし、決まった時間に布団に入るようにして最低でも7時間は寝るようにしましょう。バランスの良い食生活と規則正しい生活をすることで、美容だけではなく健康にも効果的ですのでまずはそこから見直していくことが大切です。水分と油分が整うとバリア機能も正常に働きますので、規則正しい生活と良質な睡眠が肌トラブルを予防する最適な方法となります。

乾燥脂質肌ってどんな症状?

乾燥脂質肌の女性

乾燥脂質肌とは、2つの肌質が組み合わさっている混合肌に分類されます。額や鼻筋はテカテカするのに対して、顎や頬が乾燥します。
また洗顔後に部分的につっぱったり、季節によって状態が変わったりします。日本人はこれらの症状が出やすいですが、脂っぽくなったことだけに注目して、皮脂を落とすことだけのスキンケアを行いがちです。その結果、皮脂を落としすぎて乾燥が悪化します。乾燥しているのは皮脂を正常に分泌する機能が低下している状態なので、正しいスキンケアで肌は安定します。
まず日常生活で、皮脂の分泌を増やしすぎないようにしましょう。アルコールの過剰摂取やタバコなどで内臓機能が低下したり、ストレスでホルモンバランスが崩れたりすると体の内側が弱り、さらに体の外側から紫外線やエアコンなどの刺激を受けることで、皮脂の分泌をコントロールできなくなります。
よって自分の顔で油分が多い場所は、余分な皮脂が酸化しないように、タオルやティッシュで軽く拭き取ります。洗顔でも額から頬にかけてはしっかりと洗浄しますが、目元や口元は乾燥しやすいので洗顔料の泡を軽く触れさせて汚れを落とします。状況によっては洗顔料を使わないで、ぬるま湯で洗い流すだけでも良いです。
化粧水は乾燥肌と同じように脂っぽい部分も塗ります。顔全体に均等に塗って、数回に分けて使うと浸透しやすいです。ただし皮脂が気になるという理由で、さっぱりしすぎた化粧水は不適切です。しっかりと潤いを保てないと皮脂が増えるので、セラミドなどの保湿成分を配合しているものを使います。乳液も化粧水が蒸発するのを防ぐので、テカリのある部分は少量でも必ずつけます。乾燥脂質肌は、季節によってもスキンケアが変わりますが、保湿が基本です。

おすすめ記事はこちら