乾燥肌と脂質肌の特徴について

肌を気にする女性

乾燥肌にも脂性肌にもそれぞれの特徴があります。
乾燥肌の場合は水分が少ない状態ですので、乾燥のサインとして粉を吹くことがあります。特にTゾーン以外の部分は皮脂の分泌が少ない為、頬などに粉を吹き易い傾向があると言えます。指で触った時に弾力を感じ難いのも特徴です。乾燥状態ですと水分量が少ないですが、水分が少ない時は弾力も小さくなっている為、指で押した時にも押し返してくるような弾力を感じ難くなってしまうのです。
水分量が少ないということもあって刺激を感じ易い状態でもあります。細胞がたっぷりの水分を含んでいる状態ですとバリア機能が強い為、外的な刺激に負け難い状態になっています。しかし、乾燥気味の場合はバリア機能が弱くなっていますので、化粧水などを付けた際にしみてしまったり、赤みが出てしまうようなこともあるのです。
一方の脂性肌の場合の特徴としては強いテカリが挙げられます。脂性気味の場合は過剰に皮脂が分泌されている状態ですので、皮脂によってテカリが出易くなります。その為、肌触りもベタベタしたものになってしまいます。ニキビができ易いのも特徴です。脂性の場合はニキビのエサになる皮脂が多く分泌されている状態ですので、その他のタイプと比較するとニキビができ易いとされています。因みに一見すると脂性気味の場合でも実は内部で乾燥が起こっている、所謂インナードライの状態に陥っていることもありますので注意が必要です。インナードライの場合ですと見た目は脂性っぽいものの、実は肌内部が水分不足になっており乾燥していることもあります。その場合は乾燥への対策を行う必要がありますし、誤って脂性へのケアにならないようによく肌質を見極めて対策をしなければいけません。